ボディビルの大会に出る人のためのフィットネスジム

たいていのフィットネスジムでは入会金や会員費など、高いお金を支払わなくてはいけないです。しかも途中で解約しても返金されることはありません。そのため一度行くと決めたら、簡単には変更できないのです。ましてボディビルの大会に出ようと考えているなら、フィットネスジムの選び方は重要になってきます。

そこでできれば避けたいところや、行くと良いフィットネスジムなどを紹介しておくので参考になれば幸いです。

⇒フィットネスクラブとは何かを知ろう!フィットネスクラブの定義とメリット

公営のフィットネスジムについて

市や区が運営しているフィットネスジムがあるのですが、近所を探してみると見つかるかもしれません。体育館や競技場の周辺にある場合が多いです。もしも場所がわからないなら、市町村のホームページにアクセスするか、市役所で聞いてみると教えてもらえるでしょう。

メリットは何と言っても利用料金の安さです。どこの公営のフィットネスジムに行くのかで多少は違うのでしょうが、たいていは四、五百円程度で利用できます。おまけにプールが完備されている場合があり、こちらも数百円あれば使わせてもらえます。

使うたびに支払うシステムになっているため、途中で行くのをやめたとしても、料金が無駄になることがないのも良い点です。ただしボディビルダーを目指してトレーニングをしたい人には向いていません。器具の数が少ないので、自分が使いたいタイミングで使用できないことがあります。

おまけにフリーウェイトと呼ばれる、重さを変更できるマシンがない可能性が高いです。仮にあったとしてもせいぜい十数キロ程度のものなので、鍛えるには限界があるのです。加えてスタッフはアルバイトの学生さんがやっているところがあり、本格的なウェイトトレーニングの指導は期待できないです。

そしてこのような公営のフィットネスジムに来る人の多くは、ウェイトトレーニングの初心者が多いです。そのせいで人が重りを持ち上げている時に、平気で近くを通っているのを見かけます。しかし何かの拍子に重りを落とすことがあるため、トレーニングをしている人には近づかないのが暗黙のルールです。

それを知らない人が多いととても危険です。自分や相手を怪我させないためにも、公営のフィットネスジムは避けておいた方が良いです。

料金設定を見ておきましょう

ボディビルダーを目指すなら、やはり民間業者が経営している会員制のフィットネスジムにしておくのが良いでしょう。ただどこでも構わないわけではなく、中でも料金設定が重要になってきます。

同じようなフィットネスジムでも、実は料金によって使える器具に制限がかかっているところがあるのです。

そのため入会したのに、鍛えたい箇所のトレーニングができないなどといった事態になりかねません。他にも日中だけや、平日限定で使用できるというフィットネスジムがあります。そのため設備はもちろんですが、時間に関しても自由に利用できるプランが用意されています。

ところがその場合は、いくつかあるプランの中でも一番料金が高くなっているのが一般的です。自分のライフスタイルに合っているのか、トレーニングの目的に合う器具が使えるのかを確認した上で、契約をしましょう。フィットネスジムの中には、正式に契約する前に数回利用できるところがあります。

そのようなところをいくつか回ってみてから、どこにするのかを決めるのも良い方法です。

トレーナーのレベルは重要

民間企業が営業しているフィットネスジムであれば、たいていはトレーナーがいます。器具の説明をしてくれるだけでなく、どのようなものを使えばどこが鍛えられるのかなどを指導してくれます。加えて重りを持ち上げる時に補助をしてくれたり、励ましてくれたりしてくれるのです。

ただし当たり外れがあるので、慎重に選ばなくてはいけません。知識がないのは問題外ですが、だからといって優秀なトレーナーなら良いというものではありません。同じようなことを言っているのに、人が変わると聞こえ方が変化するのです。

例えば掛け声一つとっても、励みになってやる気が出る場合があれば、腹が立つことがあります。相性が大切なので、見学をした際に何人かのトレーナーに会って話をしてみましょう。それから行くたびにトレーナーが変わらないかどうかも聞いておくと良いです。

同じ人を指名できるなら、トレーニングをするたびに自分の目的やレベルを伝える必要がなくなります。

⇒フィットネスを楽しむならワールドプラスジム

それ以外の部分について

理想的なトレーナーに出会えて、しかも希望通りの器具がそろっているなら、そのフィットネスジムに行くと良いでしょう。ただ欲を言えばそれ以外の部分を見ておくことで、より使い勝手が良くなります。まず施設内に食事ができる施設があるのが理想的です。

理由はトレーニングをした三十分以内に食べるのが良いとされているからです。周辺にあるお店でも構わないと思うでしょうが、油や糖分の多い食事を摂ってしまうとトレーニングの効果が半減するのです。その点で言えばフィットネスジム内のレストランなら、高タンパク低カロリーのメニューを出してもらえる可能性が高いです。

最近はプロテインジュースが飲めるバーが設置されているフィットネスジムがあるので探してみましょう。それからボディビルダーを目指すほどの激しいトレーニングをする場合、グローブやベルトを使うことが多いです。これらの道具がないと危険ですから、持ってくるのを忘れるとトレーニングができない場合があります。

そんな時のために、施設内で買えるとわざわざ取りに戻らなくても良いので便利です。他にもタオルや着替えのTシャツなどが買える、シャワーや洗濯機が使えると良いです。

もしも余裕があるなら

予算に余裕があるなら、個室を使ってトレーニングができるフィットネスジムに通ってみると良いでしょう。そのようなところではトレーナーとマンツーマンで行えるため、その人専用のトレーニングメニューを考えてもらえます。

しかもフィットネスジムによっては、食事の指導までしてもらえるのです。ジム以外で食べたものをメールで送ると、もう少しタンパク質を取りましょう、あるいはこの食材と一緒に食べると良いと教えてくれます。加えて使いたい器具の順番待ちの必要がないですし、先述したように突然誰かが近寄ってくるなどの危険から身を守れます。

そして他の人の筋肉のつき具合と比べて劣等感を覚える、重いものを持ち上げられずに恥ずかしい思いするといったことを避けられます。